第16地区勉強会 TART・SART地区合同

テーマ

「骨軟部 撮影セミナー2017~初学者~ベテランまで抑えておきたい四肢撮影技~」



■ プログラム ■

セッション1 10:00 - 11:30  一般演題(各15分)
座長    東京大学病院   田部井 勝行
  国立精神・神経医療研究センター病院   釋迦堂 充
 
① 「機能解剖を考える ~手関節~」
  上尾中央総合病院   仲西 一真
② 「THA術前計画における股関節30度内旋位PA撮影の検討」
  さいたま赤十字病院   大河原 侑司
③ 「上腕骨顆上骨折症例における再撮影の検討」
  埼玉県済生会川口総合病院   西田 衣里
④ 「ACS患者を対象としたアキレス腱の撮影意義と撮影方法について」
  所沢ハートセンター   柴 俊幸
⑤ 「誰でも簡単スカイラインビューの実践」
  堀ノ内病院   小池 正行
⑥ 「Dual Energy CTを用いた乾癬性関節炎の画質評価」
  東京慈恵会医科大学附属病院   宮崎 健吾
 
セッション2 11:40 - 12:40  メーカーセッション「ランチョンセミナー(各20分)」
座長   上尾中央総合病院   滝口 泰徳
 
① 「最新画像処理【ダイナミック処理について】」
  富士フィルムメディカル株式会社   宮野 武晴
② 「ワイヤレスフラットパネルを用いた四肢撮影への新しいアプローチ」
  株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン   北中 康友
③ 「キャノンデジタルラジオグラフィCXDIシリーズの紹介」
  キャノンライフケアソリューションズ株式会社   伊藤 琢也
 
技師講演  12:50 - 13:50
撮影から考える(診る)疾患、疾患から考える撮影(読影や撮影の工夫・ポイント)
座長   埼玉医科大学病院   高橋 忍
 
① 「大腿骨頸部骨折の撮影・読影ポイント」
  深谷赤十字病院   坂本 里紗
② 「技師として手疾患を撮る(診る)」
  船橋市立医療センター   石塚 瞬一
 
セッション3 14:00 - 15:00  救急撮影セッション
明日から実践! ~救急撮影の基礎を学び、疑問を解消~
座長   羽生総合病院   大野 渉
 
① 「外傷診療における救急撮影の基礎」
  さいたま赤十字病院   渡部 伸樹
② 「みんなで創ろう、実践的救急撮影法」
  上尾中央総合病院   内田 瑛基
 
セッション4 15:10 - 16:10  DRセッション
座長   東海大学医学部付属八王子病院   由地 良太朗
 
① 「臨床に適した画像処理選択の基本~四肢撮影を中心に~」
  埼玉県済生会川口総合病院   森 一也
② 「線量指標EIの基礎知識 ~整形外科領域での活用法~」
  獨協医科大学越谷病院   高橋 利聡
 
教育講演 16:20 - 17:20
座長   埼玉医科大学病院   岡本 康正
 
① 「骨軟部診断情報研究会での症例検討紹介」
  昭和大学歯科病院   石田 秀樹
② 「各施設一般撮影領域線量比較の取り組み」
  関東労災病院   若林 一成
 
特別講演 17:30 - 18:30   特別講演
座長   JR東京総合病院   後藤 太作
 「日々の撮像に活かしたい骨軟部診断の知識~読影医の視点から~」
  埼玉医科大学病院   竹澤 佳由 先生


                       記

日時

平成29年2月18日(土) 9時50分~18時00分

会場

済生会川口総合病院 講堂(B1)
埼玉県川口市西川口5-11-5

アクセス

京浜東北線 西川口駅下車西口より徒歩約8分

参加費

2,000円

参加申込

東放技ホームページの研修会申し込みフォームからお申し込みください。
(申込フォームをご利用の際の研修会申込先は、”16地区”を選択してください。)
  研修会申し込みフォーム

問い合わせ

第16地区委員長 工藤年男  E-Mail:area16@tart.jp
公益社団法人東京都診療放射線技師会 事務所  TEL・FAX:03-3806-7724