2019年度 第2回SR推進委員会(公益・災害)研修会

テーマ

「緊急被ばく医療研修会 ~3.11を風化させないために~」

講師

(公社)東京都診療放射線技師会 SR推進委員会

内容

東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所の事故にあたり、(公社)東京都診療放射線技師会では、発災直後の被災地におけるサーベイ活動、都内避難所における放射線サーベイボランティア活動など、放射線専門の職能団体として活動を行いました。これらの活動・経験を語り継ぎ風化させないために、今年度も研修会を企画しました。
2020年には東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。現在、政府は、2020年に向けた取組事項を公表しており、そのひとつとして「テロ対策・NBC災害対応力強化」を挙げ、対応策をとりまとめています。われわれも緊急被ばく医療(原子力災害時医療)に対する対応を十分に考慮しておく必要があると考えています。
本年度は放射能汚染傷病者、もしくは汚染の可能性がある傷病者を自施設で受け入れるために必要なスキル、主に施設養生について再確認を行います。皆様のご参加をお待ちしております。

■ プログラム ■
  
 時間 タイトル  講師
13:00~13:10 開会の辞 SR推進委員会委員
13:10~14:00 緊急被ばく医療について
14:00~14:30 施設養生(講義)
14:30~16:00 院内ゾーニング・施設養生(実習)
16:00~16:20 質疑応答
16:20~16:30 閉会の辞

                       記

日時

令和2年3月8日(日)
13時00分~16時30分(受付開始12時30分~)

場所

公益社団法人 東京都診療放射線技師会研修センター
〒116-0013
東京都荒川区西日暮里2-22-1
ステーションプラザタワー505

アクセス

JR日暮里駅北口改札 東口方面より徒歩3分

受講料

会員 1,000円、非会員 5,000円 (当日徴収)

定員

50名程度(先着順)

カウント付与

日本診療放射線技師会学術研修3.5カウント付与

参加申込

東放技ホームページ(http://www.tart.jp/)の参加申し込みフォーム
(研修会申し込み先は、”災害対策委員会”を選択)からお申し込みください。
または会誌の研修会等申し込み用紙にて事務所にFAXでお申し込みください。
  研修会申し込みフォーム

問い合わせ

SR推進委員会  渡辺  靖志  E-Mail: saigai@tart.jp
公益社団法人東京都診療放射線技師会 事務所    TEL・FAX: 03-3806-7724