2019年度 城南支部研修会

テーマ

「Ai(死亡時画像診断)の現状と今後の展望」

講師

 国際医療福祉大学保健医療学部放射線・情報科学科  樋口清孝 氏
 Ai情報センター  山本正二 氏

内容

“Ai”という言葉を聞くと最近は「人工知能」を思い浮かべる方が多いことでしょう。
2011年にドラマでAutopsy Imagingが取り挙げられて話題となった当時は診療放射線技師の間では“Ai“と言えば「死亡時画像診断」でした。
あれから約9年…私たちを取り巻く環境は時々刻々と変化し、Artificial intelligenceがブームとなり「人工知能」のAiの存在によって「死亡時画像診断」が希薄の傾向にあります。 しかし、Autopsy Imagingも独自の進化を遂げており、多くの方々の努力により当時の問題点などが改善され、「死亡時画像診断」を取り巻く環境も大きく変化しています。
今回はその進歩の具体的な解説を経験豊富な講師をお招きし、撮影の適正な条件から最近の症例まで技師目線と読影医目線からご講演いただきます。
進化したAutopsy Imagingの現状をお楽しみください。

                 記

日時

令和2年3月6日(金)
19時00分~20時40分(受付開始18時30分~)

場所

高津市民会館 大会議室
川崎市高津区溝口1-4-1 ノクティ2 12階 大会議室

アクセス

東急田園都市線 溝の口駅 徒歩約3分 
JR南武線 武蔵溝ノ口駅 徒歩約3分

受講料

診療放射線技師 1000円
新卒かつ新入会員※、一般ならびに学生 無料

※ 新卒かつ新入会員とは、技師学校卒業年に技師免許取得し本会へ入会した会員をいう

参加申込

東放技ホームページの参加申し込みフォーム(研修会申し込み先は“城南支部”を選択)からお申し込みください。
または会誌の研修会等申し込み用紙にて事務所にFAXでお申し込みください。
  研修会申し込みフォーム

問い合わせ

城南支部委員会  E-Mail:shibu_jyounan@tart.jp
第15地区委員長 (城南支部委員長)  原子 満
第11地区委員長                             千葉 利昭
第8地区委員長                               三富 明
第4地区委員長                               目黒 一浩